若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

乳がんを発見する精度 AIが上回る

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

本日、こんな衝撃的な記事を目にしました。

「世の中にある職業の多くは人工知能(AI)に取って代わる。」

日本の野村総合研究所と英大学の准教授らが昨年末に

AIやロボットに大体される職業一覧表を公表したそうです。

 

表にはタクシーの運転士から、製造系の技術者まで

さまざまな職業が一覧化されており、政治家なんかも

あてはまるそうです。

 

医療分野では外科医、内科医、歯科医師など

えっこんなのまで人工知能で大丈夫か?って

ものまでありました。さすがに100%を人工知能では

難しいかもしれませんが、精度が試される部分では

ロボットのほうが向いているのかもしれませんね。

精神的な面でも左右されなさそうですし。

 

そういった点で言えば、乳がんの分野では

アメリカのベンチャー企業のAIシステムは

検査画像から乳がんを検出する制度は既に放射線医師で

ある人間を上回っているというから驚きです。

 

時々、検査漏れなどニュースで報道されたりしていますが、

(そもそも私の妻も初期段階で転移があったのに検査漏れが

ありました。これは医師も半分認めていました。)

私個人的にはエコーのような人の手を使って検査するものは

ロボットとかのほうが精度がよいのでは?っと勝手に

思ってしまいます。

 

エコー検査は検査をする医師の経験や技術によって

かなり乳がんや異常の発見の精度が違うと聞いたことが

あります。

 

100%人口知能に頼るのも怖いですが、要所要所で

人間とは違った視点の検査結果を取り入れることも

前向きに考えても良いのかな~と思ったりしまいした。

 

 

 

 

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - 乳がん予防, 乳がん全般, 乳がん検査