若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

血液や唾液からがんの早期発見へ

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

今年は各界の著名人ががんでお亡くなりになり、

北斗昌さん、生稲晃子を始めがんであることを

告白された方々も多くいらっしゃいました。

 

乳がん関連の病院では北斗晶さんの乳がん告白と

「検診を受けて」というメッセ―ジを受け、

乳がんの受診者がぐんっと増えてきており

予約も取りづらい時期もあったと聞いています。

しかし、それでも乳がんを含め他のがんの検診の

受診率は欧米諸国に比べるととても低いことに

変わりはありません。

 

そんな中、検診の受診率をあげようと、

より簡単な検査方法の研究開発が進んでいるそうです。

それは「血液や唾液から早期のがんを発見しよう」

というもので、昨年からは国の援助を受け、

採血によって早期のがんを発見しようという

大規模なプロジェクトが国立がん研究センターなどを

中心に始まったそうです。

スポンサーリンク

私も以前「最新がん検査 7種類のがんが分かる血液検査」の中で

味の素さんが開発した血液検査を紹介させていただきましたが、

これはかなり簡易的なものだった記憶があります。

 

厚生労働省が市町村に推奨するがん検診、肺がん、

胃がん、乳がんのx線検査、大腸がんの便検査、

子宮頸がんの細胞診の5種類だそうです。

あまり受けたことがないかたはわからないかもしれませんが、

どれも受診する人に対してそれなりに負担になる検査ばかりです。

 

こうした負担を回避する人が多いのもがん検診の

受診率を下げている要因の一つであるのは事実だと思います。

これらのがん検診をより簡易なものにするために

こういった簡易的ながん検査の実現への期待は大きいですね。

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - トリプルネガティブ乳がん, 乳がん予防, 乳がん全般, 乳がん検査