若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

乳がん治療の今後

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

私は医者でもなんでもないですが、

これまでの乳がん治療の方法が

どうかわってきていて、今後

どうなっていくか、自分なりに

調べてみました。

 

がんの治療方法は「乳がん」に

限らず、この50年前で大きく

変わったと言われています。

 

その中でも特に「乳がん」の治療法は

著しく進歩し、良くなってきているように

思います。

 

50年前は乳がんを根治するためには

乳房、腋のリンパ節、その周りの筋肉まで

ごそっと切除する方法が主流だったといいます。

 

これは妻の今の状態からいってもほぼ同じことを

していますが、やはりリンパ浮腫のリスクが

あることや手のしびれなどにも悩まされつづけます。

スポンサーリンク

そしてここ30年から40年で、乳がん患者さんの

状態、場合によっては乳房だけを切除し、

あとは放射線治療でも再発を一定のレベル

防げることが認められました。

 

また乳房の再建手術の技術も発達し、

ここ数年でついに保険も適用されるようになり、

乳房を失い再建したい乳がん患者の経済的負担

も軽減されました。

 

また、サブタイプに対応した抗がん剤や

治療薬(ハーセプチン)も多く研究され

使用されるようにになってきています。

 

昔は切ることしかできなかった治療方法が

切る範囲をなるべく少なくし、

化学療法や放射線で治療が可能に

なってきています。

 

最近は免疫チェックポイント阻害薬や、

NK細胞などの免疫療法などが注目

されてきており、さらに患者の体を

なるべく傷つけない方法が確立

されていくことが期待されます。

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - トリプルネガティブ乳がん, 乳がん予防, 乳がん全般