乳がん全般

乳がんセルフチェック方法

スポンサーリンク

乳がんが見つかるきっかけは人によってそれぞれ

違うと思います。

それは定期的なマンモグラフィー検診であったり、

セルフチェックであったり、他人に指摘されるなど

色々です。

 

ちなみに私の妻の場合は、セルフチェックで

乳がんを発見しました。

当時、子供の母乳が終わって間もなかったの

ですが、終わったら病院に行って、

マンモグラフィー検査をしようとしていたようで、

時々、そうしてセルフチェックをしていたようです。

 

乳がんは一般的に他のがんとは違い、症状が出る前に

自分で日常的にチェックをして発見できるがんと

言われています。

私の妻が乳がんを発見した当時、あまり詳しい

セルフチェックの方法や、どういった時に病院に

行ってちゃんと検査したほうがよいのかという

知識が全くと言っていいほどありませんでした。

 

今後も妻は残りの片方の乳房のチェックも

していかないこともあるので私なりに

乳がんのセルフチェックについて調べてみました。

 

セルフチェックの方法

お風呂の時、石鹸をつけて触れると乳房の状態がよくわかります。

下のポイントを月に一回チェックする。タイミングは生理が

終わった4、5日経った後が良いそうです。

  1. 鏡の前に立ち以下の点を見る。
    • 左右の形に変化がないか。
    • 乳首に凹みやただれがないか。
  2. 指の腹と「の」の字を書くように指を動かし、しこりやこぶが無いかチェックする。
  3. 乳房や乳首を軽くしぼるようにして、乳首から分泌物がでないかを調べる。
  4. ワキの下にしこりがないか調べる。

その他自覚症状例、チェックポイント

  • 皮膚にくぼみ、ひきつれがある。
  • 乳頭から血交じりの液体がでる。
  • わきの下にしこりがある。
  • 乳頭がただれている。
  • 乳頭がへこんでいる。
  • しこりがある。

最後に

私の妻の場合、セルフチェックをしたときに

米粒くらいの大きさ、硬さのものを見つけました。

触る角度や体制によっては触れられない位置に

あったので、いつも同じ体制や角度から触るの

ではなく多面からチェックしたほうが良いのかな

と思います。

ブログランキング参加しています!ポチっとお願いします★

スポンサーリンク

-乳がん全般

© 2020 若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う