若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

抗がん剤の副作用(吐き気止めの話)

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

放射線治療もひと段落して、妻といままでの

闘病生活を少し振り返って話していたのですが、

やはり辛かったのは抗がん剤治療の副作用だった

そうです。

 

妻の乳がんはトリプルネガティブ乳がんで

ホルモン療法などは行えず、抗がん剤治療のみが

治療の選択肢としてありました。

 

妻の場合は、最初の3か月でパクリタキセルを

1週間に1回通院しながら治療を行いました。

副作用には個人差があると思いますが、

パクリタキセルの場合は、強い副作用として

脱毛があり、妻も2週目にはほとんどの髪の毛が

抜けてしまいました。

あとは爪の剥がれがとてもひどかったのを覚えています。

パクリタキセルが終わる3か月後には

足と指の爪すべてが浮いている状態でした。

スポンサーリンク

次の3か月ではAC療法を行いました。

こちらは吐き気、倦怠感が強く、打ったその日

から4日間くらい寝たきりの状態が続きました。

 

ここからが本題なのですが、

パクリタキセルの時もそうでしたが、

抗がん剤の点滴を打つ前にとっても強力な

「吐き気止めの薬」を点滴でいれていました。

また吐き気止めの薬も処方され、

それを飲んでいたと記憶しています。

 

聞いた話によると、吐くこと自体そもそも体に

良くないのですが、吐くと胃酸で喉をいためたりし、

また抗がん剤治療中は白血球数値もさがっているため

感染症を引き起こす可能性などもあるため、

強力な吐き気止めを点滴、服薬するとらしいです。

 

しかし、またこれが、なんか苦しそうで、

妻がよく言っていたのは

「吐きたいけど、吐けないのが辛い」と言って

いました。

要は、吐き気はないが、吐きたくて

気持ち悪い気持ちは変わらないらしい。

でも吐けない。だがこの強力な吐き気止めが

あるにも関わらず、週に1回くらいはやはり

トイレにこもってしまうこともありました。

この「強力な吐き気止め」を使っていなければ

どうなるか想像もできない…。

 

少し抗がん剤時の吐き気止めについて調べて

みると、抗がん剤使用時の吐き気止めや食欲不振に

対する薬が多く出てきたのはここ10年位らしいです。

また、最近では抗がん剤の種類によってどの吐き気止め、

食欲不振を止める薬を使うか等のガイドラインがしっかり

整備されてきているようです。

医学の進歩と共に患者の負担が減ってきているのは

確かですが、それでもまだ患者は苦しんでいます。

これからも患者第一に考え、苦しみの少ない医療

の方法が進歩していくことを願います。

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - トリプルネガティブ乳がん, 乳がん予防, 乳がん日記, 抗がん剤