若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

怒!千葉県がんセンター 乳がん医療事故その後

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

昨年もブログ記事にした千葉県がんセンター

の医療事故のその後について本日は書きたい

と思います。

 

この医療事故の概要をお話ししますと、

30歳代の早期乳がん患者と50歳代の

進行がん患者の検体を取り違え、

結果として、早期の30歳代患者の

乳房を全摘出したというもの。

 

昨年のメディア報道では

「原因はわからない」といった

ふざけたようなことを言っていたの

ですが、年が明けてやっと、

どうやら検査の段階で、医師による

針生検の細胞採取から診断前の

保存段階までの間に検体が

入れ替わった可能性が

高いことがわかったという。

スポンサーリンク


完全に管理があまいんですね。

あなたたち何を管理しているか

わかっているのですか???

生死にかかわるものを管理している

んですよ???

(というか、年明けてわかったのは

これだけかい?正月、のほほんと休んで

いたのでしょうか…。)

 

本当にふざけた話です。

徹底的に原因を解明して今後どうやって

再発を防ぐのが明らかにしてほしいです。

何度も言いますが、我々は病院や

先生を信頼して命を預けています。

しかも多額なお金も払っています。

今後絶対にこのようなことを

起こさないようにお願いします。

 

今回、被害にあわれた患者さんの

お気持ち大変察します。

私たち、他の乳がん患者やその家族も

このようなニュースを耳にして大変

憤りを感じています。

 

今後も、千葉県がんセンターのこの

医療事故については記事に追っていきたい

と思います。

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - 乳がん全般