乳がん全般

乳がんは経済的負担が大きい

スポンサーリンク

今日、乳がんが経済的負担が大きいという

記事を見ました。

 

確かに昨年の乳がんの発見から様々な検査

同時再建手術から入院、抗がん剤治療、

PET-CT検査、再発によるリンパ摘出手術、

放射線治療、また通院にかかる交通費や

処方薬などの費用全て合計したら、

百万円以上は余裕で超えている気がします。

 

更には、子供を保育園に預けたりもしなければ

ならなかったり、病院や妻の実家に合わせ

引っ越しもしたため、乳がんを患ってから

間接的な費用も込みで考えても、貯金が半分以上

吹っ飛んだ。

私が読んだ記事の中で乳がんが経済的負担が

大きい理由として、腫瘍を切除する手術費用に加え

再発防止のための放射線治療や抗がん剤治療、

そしてホルモン療法など様々な治療を行うほかにも

治療期間が長いことがあげられるという。

サブタイプの種類によってはホルモン療法や、

定期検査を10年にわたって行わなければならない

場合もある。

 

私の妻の場合はトリプルネガティブ乳がんなので

ホルモン療法はないがそれでも、これだけお金を

使ったのかと思うと、やはりがん保険って大事

だなとか思ったりします。

 

以前、乳がんに関する生命保険のブログ記事も

書かせていただいていますが、注意するところを

注意して生命保険を選べば、女性は特に入っていた

方がいいなと思いました。

あまり詳しく調べていませんが、あれは遺伝子検査

の結果、乳がんリスクが高いと評価されても入れる

ものなのでしょうかね。大丈夫だとしたら絶対

入っておいた方がいいですね。

ブログランキング参加しています!ポチっとお願いします★

スポンサーリンク

-乳がん全般

© 2020 若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う