若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

糖質制限とがんとイヌイット

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

糖質制限食と「がん」と「イヌイット」の関係について

書かれた興味深い記事をみたので共有させていただきます。

 

この記事の論点は、イヌイットが伝統的食生活を守っていた時

少なかった、肺がん、大腸がん、乳がんなどが炭水化物を多く

とるようになってから増えてきたというところです。

 

1855年に調査したイヌイットの3大栄養摂取比率は

  1. たんぱく質 47.1パーセント
  2. 炭水化物 7.4パーセント
  3. 脂質 45.5パーセント

だったそうです。

それが1976年の調査では

  1. たんぱく質 23パーセント
  2. 炭水化物 38パーセント
  3. 脂質 39パーセント

だったそうです。およそ100年の間に炭水化物の

摂取量が大きくかわっていることがわかりますね。

スポンサーリンク

また最近のイヌイットの若者はハンバーガーや

ピザなどを好んで食べており、これらは糖質を

多く含む食事としても知られています。

 

がん細胞はブドウ糖を多くとりこんで

これをエネルギーにして増殖していると考えら

れているそうです。だとしたら、糖質が制限された

食事をするということは有効なような気もしますね。

 

ただ、このイヌイットの記事ですが、「1855年」の

食事の3大栄養摂取比率を紹介しているんですが、

日本はこの時代江戸時代ですよ…。

少し江戸時代のころの食事を調べてみましたが、

栄養比率うんぬんの前に、全体的にあまり栄養が

とれておらず日本人の低身長につながっているとの

情報もありました。

こういった記事もいろいろな角度から見てみると

おもしろいですね。

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - 乳がん予防, 乳がん全般, 食事療法