若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

進むマンモPETの導入

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

微力ながら、乳がん検診における患者への負担軽減を

訴えている私ですが、この度、中国地方としては

初めて中国電力が運営する中電病院にマンモPETを

導入することが決まったようです。

 

中国電力といえば、2016年4月に予定されている

電力の全面自由化にていち早く「地域割り」を

崩したことでも話題になっていますよね。

 

マンモPETの特徴は、普通のPETと同じく

ブドウ糖に似た検査薬を投与して薬剤の

分布によってがんの活動を検査することが

できるようです。

 

また、これまでマンモグラフィー検査を

避ける女性の理由ともなっていた乳房を

挟んで検査をするようがなく、患者への

負担も少ない検査方法となっています。

スポンサーリンク

中電病院は近年の乳がん患者の増加傾向や

若年での発生率も高まってきている背景

から導入を決定したと発表している。

 

妻はPET-CTをやったことはありますが、

マンモPETはまだやったことがありません。

そもそも、どの病院にマンモPETが導入

されているかっていうような一覧が

ネットでもひっかかってきません。

どこかにあるのでしょうか???

 

私の知人でもマンモグラフィー検査を

嫌がる理由として圧倒的に多いのが

「痛い」というのが一位です。

 

私はもちろん体験したことがないので、

どれほど痛いのかわかりませんが、

そもそも検査に「行くこと」ですら、

ハードルが高いのに、さらに「痛い」と

なると誰だって行きたくなくなりますよね。

 

推測ですが、きっとマンモPETはまだ

保険適用になっていないでしょうし、

定期健診での選択しとしては可能性が

低いと思います。

 

いち早く、より患者への負担が少なく

そして何より安価な検査方法が一般に

普及されることを願います。

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - 乳がん全般, 乳がん検査