若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

マンモグラフィー検査は本当に有効か??

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

こんばんは今年も残すところわずかですね。

最近は今後の妻の乳がんの定期検査について

調べているのですが、マンモグラフィーだけ

でもいいのかとても不安です。

 

そもそも、妻の乳がんが見つかった際は、

セルフチェックで発見し、マンモグラフィー

で検査、悪性腫瘍の疑いがあることから

最終的に針生検を行い確定診断に至った。

 

しかし、今後はセルフチェックで

見つからなくても定期健診で検査して

いかなくてはならない。

スポンサーリンク

今後の検査は本当にマンモグラフィーだけで

いいのだろうか、少し調べてみると気になる

研究結果があった。

 

内容は以下の3つの検査方法から乳がんの

検出率をみている。

1.マンモグラフィーのみ

2.マンモグラフィーとエコー

3.3Dマンモグラフィー

勿論、結果は100人に1人の割合で乳がんを

見つけることができた3の3Dマンモグラフィー

が一位でした。

 

マンモグラフィーだけだと1000人に5人の割合で

乳がんを発見することができるらしいのですが、

3Dマンモグラフィーに比べると、とても低いことが

わかります。

 

マンモグラフィーの場合人によって異なる

乳房の組織密度によってはとても困難な検査方法と

いわれているそうで、「吹雪の中でシロクマを

探すようなもの」などとたとえられているそうです。

 

やはり、3DマンモグラフィーかPET-CTが年に1度の

検査にはよさそうですね。PET-CTなら前進も調べる

ことができるので、金銭的な余裕があればPET-CTが

やっぱりベストな感じがしますね。

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - 乳がん予防, 乳がん全般, 乳がん検査