若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

5~10億円のMRI機器を数千万へ キャノン

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

キャノンと京都大学が1台あたり、

5から10億すると言われるMRIの機器の

価格を従来の1割程度に抑える技術を

開発したという。

 

私の妻もMRIは受けましたが、保険が

適用されてもかなり高額な検査に

なります。

 

高額がゆえにエコーやマンモグラフィ―で

検査を済まし、あまりMRI検査まで

は行わいのが通常だと思います。

これが、全身のがんの転移や再発の

見落としにつながったりするリスクも

無いとはいえません。

 

今回キャノンが開発した技術は簡単に

言えば、従来の技術とは異なる方法で

診断画像を描く技術を開発したそうで

機器の大幅な小型化も期待できるという。

スポンサーリンク

ただし、キャノン自体はMRI機器を

開発しているわけではなく、

今後は医療メーカーに技術共有を

していき早ければ5年以内に製品化

される可能性があるといいます。

 

これが実現すればがんの検査に気軽に

MRIを使用することができ、また企業

などの健康診断にも導入することが

期待されています。

 

なんでも、日本で約100万人が新たに

かかるがんの早期発見、治療につながる

といわれています。

 

5年はかかるということですが、こういった

先進的な技術且つ、患者の負担を軽減する

事ができる技術や開発については国や行政、

地方自治体が一丸となって支援してほしい

と思います。

(既に支援しているかもしれませんが、、、。)

 

そのうち、町のお医者さんにMRIが出現

するのもそう遠くはない未来かもしれませんね。

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - 乳がん全般, 乳がん検査