若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

乳がんの生存率を予測するツール

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

妻のトリプルネガティブ乳がんの治療も

今週を目途に一旦お休みになります。

振り返ってみれば、告知から一年、手術4回と

抗がん剤治療、再発と放射線治療。

どれだけ体を痛めつけるんだってくらい、

治療をしてきました。

 

放射線治療が一段落すれば、今後は定期的な

検診のみ行っていきます。

トリプルネガティブ乳がんの場合、

3年再発、転移がみられなければ安心できる

状態に変わっていくと先生から伺っています。

他のサブタイプの場合は5年だったり、10年

だったり様子を見なければならない場合もあります。

スポンサーリンク

そんな中、気になる記事を見かけました。

なんでも、乳がんの「その後」を予測できる

ツールが開発されたのだとか。

 

開発したのは英国の大学の研究グループ。

その名も「プレディクト Predict」。

(英語で予測っていう意味です。そのまんまじゃん。)

 

このツールを使うと、8年~10年間の生存率を

正しく予測できるそうです。

(「正しく予測できる」って本当なんでしょうか

なんか恐ろしいツールですね。)

英国の国民保険サービスが提供しているサービス

なので信憑性は比較的高そうです。

 

現在のところ、このツールはオンラインで公開

されており、40歳以下の若い女性且つ長期生存率

(8年~10年)の予測に有効だと言われているそうです。

 

私はあまり妻とは生存率のことは話しませんし、

このブログにもかいていません。

「生存率」を知ることで、自分の残りの人生の

生き方を変えたり、来るときに備え準備をしたり

する方もいらっしゃるかもしれませんが、

考え方は人それぞれですが、私と妻はあまり意味が

ないことだと思っています。

 

妻が乳がんを告知された直後には色々と調べて

しまいましたが、その時、生存率を知ることは

精神的にもあまりよくないと思いました。

「トリプルネガティブの場合は予後が良くない」

とか「再発したら後XX年」とか見るたびに

精神的に病んでいったことを覚えています。

 

この「プレディクト」という英国の生存率予想

ツールですが、「なんの為に生存率を知るのか」が

明確な方は使ってみても良いのかなと思いました。

私も試しに妻の情報をいれてみましたが、しっかり

数値ででてくるので、やっぱりなんか怖いですね。

 

英語ですが以下サイトから情報を入れると5年生存率、

10年生存率、および化学療法をやった場合の生存率など

が出てきます。

http://www.predict.nhs.uk/predict.html

 

 

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - トリプルネガティブ乳がん, 乳がん予防, 乳がん全般, 乳がん日記, 乳がん関連製品