トリプルネガティブ乳がん 乳がん全般 乳がん治療 放射線治療

世界初の小児専用の陽子線がん治療施設

スポンサーリンク

この前の記事で陽子線治療について少し

書かせていただきましたが、このたび日立の

陽子線がん治療システムを納めた、世界初の小児専用の

陽子線がん治療施設が米国にオープンしたそうです。

 

導入された病院は、小児の難病治療、および研究に

おいて世界トップクラスのセント・ジュード小児研究病院。

アメリカの小児がんの生存率はここ50年で、

20パーセントから80パーセントに向上したらしいが、

この病院はその中心的な役割を担っているという。

てか、50年で20パーセントから80パーセントってすごいな。

50年前はよっぽど手つかずの状態だったのでしょう…。

先日の記事でも陽子線治療については少し書かせて

いただきましたが、陽子線治療とは放射線治療とは

ことなり、病巣であるがん細胞に集中して攻撃する

ことができ、周りの健全な細胞への影響がとても

少ない治療法らしいです。

ただ、以前も紹介したとおり、医療費はもちろん

保険適用外で、とっても高額な医療費がかかります。

 

こういった小児がんの治療の新たな一歩に日本の

企業が中心的な役割をして進められていることを

大変誇りに思います。

今回は米国の小児病院に導入された

陽子線がん治療システムと言われるもの。今後は

日本にもそして世界に広めていってほしいと思います。

スポンサーリンク

ブログランキング参加しています。

-トリプルネガティブ乳がん, 乳がん全般, 乳がん治療, 放射線治療

© 2020 若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う