若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う

*

初診時転移の乳がん

   

スポンサーリンク


ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

妻はトリプルネガティブ乳がんで抗がん剤治療

終了後すぐに腋のリンパ節に転移が見つかりました。

というか、先生曰く、もともとあった可能性も

あるとのことでした。(要は取り残し、見落としの

可能性があったのです。)

 

その後、すぐに手術をして腋の腫瘍も摘出したのですが、

今日とっても興味深いインドのがん治療研究センターの

報告を発見しました。

それは

乳がんで初回の化学療法に反応した人の場合、最初の腫瘍を取り除いても全生存率に影響を及ぼさないという

というもの。

 

研究実験は350人の患者を最初の腫瘍と

腋のリンパ節転移を治療するグループ、

しないグループに分けておこなれたようです。

(というか治療しないグループなんて研究実験で

やっていいのでしょうか…。)

スポンサーリンク

23か月後、治療したグループ、

しなかったグループでちょうど半数ずつ

計235名が亡くなられたという。

要は、治療してもしなくても結果は

変わらなかったってことになるのでしょう。

 

研究対象の患者さんは65歳以上の推定余命1年の

方たちで行われたようです。

私は研究結果よりもこの方々のことが気がかりに

なってきちゃいました…。

余命一年とはいえ、ちゃんとした治療法を

行えばもう少し長く生きれたかもしれないのに…。

ブログランキング参加中。
こちらから他の方の乳がんブログも見れます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

スポンサーリンク


 - トリプルネガティブ乳がん, 乳がん全般, 乳がん治療, 抗がん剤, 放射線治療