トリプルネガティブ乳がん 乳がん全般 乳がん日記

がんを受け入れるということ

スポンサーリンク

先日のブログの記事で、もうすぐ妻がトリプルネガティブ乳がんになってから、

闘病1年が過ぎるということを書きました。

最近、妻と「がんを受け入れる」とは、「どういうことなのか」という話をしました。

この話題があがったきっかけは、放射線治療後、今後の生活をどういうふうにおくっていくか、

話し合っていた時のこと。

妻は最近同じく乳がん患者の方と話す機会があったそうなのだが、皆「がんを受け入れられない」

といっているらしい。私たちも同じくずっと「がんを受け入れられない」でいた。

なんで過去形かというと、少し前進したような気がするからです。

トリプルネガティブ乳がんの場合、これといって治療法が確立しているわけではない。

抗がん剤が効くとは言われたが、既に抗がん剤治療後に再発している。

そのほかにがんは見つかっていないが、もちろん「次何かあったら」とても良くない

ことになる。でも「今、がんは無い」のだ。

この1年間、生活を闘病中心にし、私も仕事をかなり制限してきた。

このまま「今、がんは無い」のに、この乳がんとの闘病中心の生活を送るべきなのか、

それとも「今、がんは無い」のだから今までどおり生活を送るべきか。

 

私たちは後者を選びました。なるべくがんになる前の生活にもどります。

がん中心の生活なんて嫌なのです。でも忘れているわけではありません。

勿論定期健診にも行くし、頭から何年も毎日離れることはないでしょう。

でも、また再発する可能性があるとして、それをただ、がんに怯えて

何もしないで暮らしていく必要はないと感じています。

 

ブログランキング参加しています!ポチっとお願いします★

スポンサーリンク

-トリプルネガティブ乳がん, 乳がん全般, 乳がん日記

© 2020 若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う