未分類

フラッシュバックの苦しみ

スポンサーリンク

フラッシュバック (flashback) とは、強いトラウマ体験(心的外傷)を受けた場合に、後になってその記憶が、突然かつ非常に鮮明に思い出されたり、同様にに見たりする現象。心的外傷後ストレス障害(PTSD)や急性ストレス障害の特徴的な症状のうちの1つである。

出典:Wikipedia

 

まさにこれの事かと思います。

最近、起きている時でも寝て目覚めるときに

いつも妻が亡くなる1~2時間前の出来事が鮮明に頭の中に蘇ります。

とても辛いです。

 

その後、妻の苦しみが伝わってくる感じがして

涙があふれてきます。

 

妻は痰の吸引処置中に亡くなりました。

最期はミタゾラム(胃カメラ検査等に使う薬)を使っていたので

看護師さん曰く意識はなかったといいます。

 

妻が生前、痰吸引の時ミタゾラムを使った後

意識があったか聞いたのですが、

覚えていないとのことでした。

 

それであればいいのですが。

 

最期の痰吸引の前、

精いっぱいの声で「吸引、きゅういん」

と妻が言ったのが最期の言葉です。

 

その後、看護師さんが来て吸引を始めましたが、

心配だったので、ずっと隣にいました。

 

看護師さんが来た後の話は生生しすぎるので

書きませんが、このフラッシュバックとして

起こるような内容でした。

 

これがいけなかったのか…。

後悔はしていないのですが、

今そのフラッシュバックに悩まされています。

 

いつかこのフラッシュバックが無くなり、

純粋に最後まで一緒に傍にいてあげれてよかったと

思えれる日が来ればいいなと思います。

ブログランキング参加しています!ポチっとお願いします★

スポンサーリンク

-未分類

© 2020 若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う