トリプルネガティブ乳がん 乳がん全般

がん治療が患者を殺すという考え

スポンサーリンク

今日、「がん治療が患者を殺す」という

記事を読みました。

 

ここで行っている治療とはおそらく

標準治療と言われる、きっといわゆる

西洋医学のことでしょうか。

 

ある前立腺がんと疑われた患者さんが検査の

ために金属の棒を肛門からいれられ、その時

腰に激痛がはしり歩けなくなったという例が

書かれていました。

 

その後、このままでは治療を続けていたら死ぬ

と思い、治療をやめ、食事を気を付けていたら

治ったという。

 

こんなことあるんですね。これ完全に医療ミス

じゃないんでしょうか。そして食事を気を付ける

だけでがんが治るなんてこともあるんですね。

今年胆管がんで亡くなられた川島なお美さんも、

治療開始当初、西洋医学を拒否し続け、東洋医学や

民間療法に頼ったと噂されています。

且つ、手術を受けなければ長生きできた?などとも

メディアでは言われています。

 

手術したら治った、手術しなければ治ったというのは

正直結果論だし、抗がん剤をやったらがんが縮小する

かもしれませんが、しないかもしれません。

 

現に私の妻も、抗がん剤治療後すぐに再発していたので

抗がん剤は効いていなかった可能性があります。

結果的には体を毒である抗がん剤で痛めつけてしまったのです。

 

でも、この結果を本人も私も後悔はしていません。

いまある最善だと自分が信じて行った治療で

先生も病院スタッフも信用しているから納得

できるのです。

 

がんの治療が患者を殺すというのはちょっと

極端な発想ですが、がんに対して毒で攻撃

するわけですから体にも毒なわけで、それを

納得して受け入れて治療するかどうかって

問題なんではないでしょうか。

ブログランキング参加しています!ポチっとお願いします★

スポンサーリンク

-トリプルネガティブ乳がん, 乳がん全般

© 2020 若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う