乳がん全般

手術までの時間と生存率の関係

スポンサーリンク

乳がんに関する海外の研究結果で興味深いものが

あったのでご紹介します。

それは「手術までの時間とその後の生存率の関係」

についてです。

研究の結果から言ってしまうと、日本語での

ニュアンスが難しいですが、手術までの時間を

短くすることが、生存率を上げる可能性があると

位置づけています。(断言はしていない。)

 

データの出どころは2つのデータベースで、

一つはSEERと言われる全米のがん患者の統計データ、

もう一つはNCDBと言われる、こちらもがん患者のデータベース

を使用している。

(これは日本でいう「全国がん登録」に近いのだろうか。

すいません。詳細は後々調べておきます。)

 

研究では手術までの時間を5段階で以下のように

表し、死亡率を調べています。

  1. 30日以下
  2. 31日~60日
  3. 61日~90日
  4. 91日~120日
  5. 121日~180日

結果としてはこの日付のランクが

一段階上がることに死亡率が数パーセントから

10パーセント程大きくなることが分かったそうです。

この研究ではステージ1から2の患者にその兆候が

多く見られたといいます。

まとめると、

ステージ1から2の初期の乳がんの患者の場合、

手術までの時間はなるべく早くした方がよいのでは

という結果になりますね。

 

私の妻が昨年乳がんを患った時は、やっぱり

頭の中で「一刻も早く手術して取り除かねば!」

と思っていましたし、実際そういった行動に

でていました。

トリプルネガティブ乳がんだと確定診断が

くだってから、わずか1か月で手術することが

できました。

 

勿論、以前の病院選びの記事でも書いていたいた

ように、手術を急ぐのも大事だと思うのですが、

長く通う病院選びもとっても大事です。

今回、この研究結果をみて、私たちはちょうど

いいタイミングに病院選びを切り上げて、

手術に踏み切ることができたと思います。

ブログランキング参加しています!ポチっとお願いします★

スポンサーリンク

-乳がん全般

© 2020 若年性トリプルネガティブ乳がんと共に闘う